横浜は東京から近く、また東海道方面から関東方面への入り口に位置していることもあって、東西に展開するためのビジネス拠点として昔から利用されてきました。神奈川県最大の政令指定都市であり、港町や観光地として有名ですが、みなとみらい21においてはオフィス開発についても非常に力を注ぎ、日々発展を続けている都市でもあります。ランドマークタワーが象徴的ですが、オフィス・業務関連施設として、様々な大企業の本社がこの地区に設置されています。長期出張で横浜に滞在する人も多いため、ウィークリーマンションやマンスリーマンションも充実しており、インターネットの検索サイトを使えば簡単に見つけることができるでしょう。現在では専門の検索サイトも充実しており、そうしたサイトではネットからそのまま予約することが出来る場合が多いので、積極的に活用すると良いでしょう。

横浜でマンスリーマンションを借りる、業者に連絡

横浜でマンスリーマンションを借りる場合ですが、まずは業者に連絡して、部屋を見せてもらうのが一番大切です。とにかく、長い間滞在することになるマンスリーマンションですから、部屋が気に入らなければお話しになりません。それから付帯条件の確認がとても大切です。例えば、シーツの交換や部屋の掃除の頻度などは、賃貸契約をする前に、必ず、自分で確認しておく必要があります。なぜならば、それらの付帯条件は、その後の住み心地を左右するからです。それから大切なのが、なんといってもお値段でしょう。これは、月極ですが、一日当たりの使用料金で提示される場合が多いです。横浜市の物件は、東京より安いですが、平均して一日当たりの使用料金が3000円から3500円程度となります。敷金や礼金が不要のところが多いのが、マンスリーマンションにする、最大の魅力です。

横浜のマンスリーマンションで優雅な生活を

これは最近の統計ですが、海外で生活する日本人の数は全部で200万人ほどです。アメリカやオーストラリアなどが人気の中心ですが、東南アジアではタイがその人気の中心です。現在、タイには6万人を超える日本人がバンコクを中心として生活しています。首都圏への集中の密度から言えば、世界で一番だとも称されています。これらの日本人で、わたしのように、日本を脱出して、日本に拠点を持たない人たちが意外と多いです。心配は要りません。わたしは断然、横浜のマンスリーマンションです。一時帰国をする前に、ネットで予約を入れておけば、それで十分です。日本に到着してから、ホテル探しをするなんて、非効率的なやり方は卒業できています。横浜のマンスリーマンションにする一番のメリットは、10万円ぽっきりで、まるで自分のマンションのように、安心してゆったりと過ごすことができることです。